香港見本市出展サポート

香港見本市の魅力

日系企業が日本製自社製品を海外へ売り出す方法として、近年は直接海外へ出向き、現地見本市に積極出展しているのが現状です。海外バイヤーとの接触、ビジネスマッチングの場を積極的に作り出し、Made in Japan製品を世界に向けて大いにアピールしています。

自由経済社会の香港では、国際的に見てもビジネスチャンスが望め、世界中のバイヤーが注目する香港の目玉見本市、一例として、毎年4月末の香港貿易発展局 Hong Kong Trade Development Council 主催の“Hong Kong Gifts & Premium Fair”で、自社商品を紹介したいとの要望を持たれる日系企業は年々増え続けています。

香港見本市出展へのよくあるハードル

  1. 海外であるがゆえに、申込みからの一連の手続きについて知識や情報が無い。
  2. 出展準備に時間がかかればかかるほど、出張コストが日本国内と比べて膨れ上がる。
  3. 香港見本市への出展企業は、香港法人の所有を義務づけられている(一時的にでも)。そのため、香港法人の設立・維持のために追加のコストがかかる。
  4. 言葉の問題により、実際に取引の交渉ができるか自信が無い。

弊社King Accounting Ltd.のサポートの特徴

弊社King Accounting Ltd. では、日系企業様が開発された商品を海外に向け発信し、販路を広げることの一貫として、“是非香港の見本市に出展してみたい!”と希望する企業様に対し、経験豊富なスタッフが全面サポートを行います。

  1. できるだけいいブースを確保するための申込ルートがあります。
  2. 香港法人を設立しなくても出展が可能です。
  3. ほぼ主催者への実費のみでの出展が可能です。
  4. 申込みから出展準備、開催期間中の通訳、撤収処理の部分まで、全てのサポートが可能です。もちろんサポートが必要な部分のみの依頼で結構です。
  5. 実際に問い合わせがあった場合、実際に取引成立までのアフターフォローまで対応可能です。

統計情報(参考資料)

“Hong Kong Gifts & Premium Fair 2013”(香港禮品展及贈品展) 

会期
2013年4月27日〜30日
会場
Hong Kong Convention and Exhibition Centre(Wanchai, Hong Kong)
展示面積
77,245 sq.m.
来場者数
50,205名
香港から    23,784名    47%
香港以外から  26,421名    53% 
参加企業
4,128社
香港企業    2,220社
海外企業    1,908社
参加海外企業の国別Top10
1中国    957
2台湾     464
3インド     118
4韓国      80
5タイ      57
6日本      40
7マレーシア   27
8インドネシア  19
9ドイツ     18
10イギリス   18

FAQ(よくあるご質問)

Q:香港での出展に興味はありますが、資料入手方法、申込み方法がわかりません。

A:弊社の経験豊富な見本市出展担当スタッフが申込み、書類作成等、全面サポート致します。

Q:香港での見本市申込金支払いは日本円でも構いませんか?

A:原則香港ドル小切手でのお支払いになりますが、全て日本円での支払いをご希望の場合にも対応可能致します。
*例:2013年スタンダードブース実費 HK$31,374.-(約395,000円)

Q:香港の見本市に出展することで、すぐに注文が取れますか?

A:2014年で第29回(29年目)を迎えるHKTDCのギフトショーは、見本市としてもたいへん成熟しています。ただし、見本市は広告掲載と同じですので、初回参加直後に注文が取れると言うよりも、“注文が取れるきっかけを作る”こととご認識下さい。さらに、限られた4日間の見本市の中で他社企業様とも知り合え、長期的見地からも、香港での見本市参加は世界に向けて自社商品を発信するための、確実たる第一歩のように思われます。

Q:香港で“Hong Kong Gifts & Premium Fair”以外の見本市に興味があります。また中国の見本市参加(例:中国広州交易会春・秋)の申込みも御社経由で可能ですか?

A:Hong Kong Gifts & Premium Fair以外で有名な見本市として、Kenfair主催 のMega Show Part I & II、食品関係のFood Expo、ベビー用品、IT関係等、ジャンル別見本市が年中開催されています。弊社でもその都度皆様へ見本市の特徴をご紹介致します。中国交易会については、毎年出展希望企業が殺到のため、香港企業でもなかなか申込めないのが実情ですが、毎年8月末に広州で開催の「広州博覧会」(広交会琶洲展覧館)にご出展を考慮される場合は、弊社でも対応が可能です。


Scroll to Top